不動産について

投資してアパートを経営する主なメリット

土地が無く、自己資金が少ない場合でも、物件の頭金のみあれば、住宅ローンによってアパート経営ができます。
住宅ローンに関しましては住居の家賃収入を活用することによって返済がまかなえます。
したがって、住宅ローンが終わる頃には、住居の家賃収入が収益となりまして、将来に向けた財産形成に直結します。
加えて、アパート経営につきましては、定年退職した後も一カ月ごとに安定感がある収入をもたらすので、老後の為の私的年金を手に入れる事ができます。
それから、ローンを活用してアパートを買い入れる場合、ローンにおいては銀行の指定する団体信用生命保険が備えられていますので、保有者に不測の事態があった場合に、ローン残額は保険によって精算されることになります。
結局のところアパート賃貸住宅は、無料で残されているファミリーのものになり、そっくりそのまま安定収入を保持する事ができます。
また、インフレになると、預貯金は目減りしますが、アパート経営に関しては目減り現象が起こりません。

妥協のないプロの視点
最高のバスのみをご用意しております

税理士 神戸
で若手かつ人気の事務所です

中古物件を購入することをお勧めします

家を購入する際、緊張する方が多いのではないでしょうか。
マンションを購入する際、新築だと、自分が住む家を事前にチェックできず、モデルルームを見て決めるという方も多いかもしれません。
不動産を購入するのであれば、新築でと考えるかもしれませんが、中古物件もチェックしてみることをお勧めします。
中古マンションだと、実際に部屋をチェックできるため、風通しや日当たりをチェックすることができます。
数年たっていると、コンクリートの具合や、不備がないかもしっかりと確認することができ、安心できるのではないでしょうか。
リフォームをすると綺麗にすることができるため、新築と変わらなずきれいな状態で暮らすことができます。
一戸建ての場合、昔の家だと合板の建材を使用せず、本物の建材を使用している場合が多いです。
柱などもしっかりとしているものを使用している場合が多いのではないでしょうか。
一戸建てもリフォームすると綺麗な状態になります。
昔のデザインを活かすことによりかえってお洒落に暮らすことができるかもしれません。

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.